医療事務 在宅試験

在宅試験=誰でも受かる

医療事務の資格は在宅試験で取ることができるものがあり、その手軽さから人気があります。
就職に有利になる資格が自宅にいながら取れると思えば人気になるのも当然。
ですが、果たしてその資格は本当に就職で有利になるのでしょうか。
資格と言うだけで詳しく調べもせずに、とりあえず取っておこうと考えるのは止めておくべきです。
いざ就職しようとした時に、無駄だったと思うかもしれません。

 

少し考えればわかることですが、在宅試験ではテキストが見放題、つまりカンニングし放題と言うこと。
落ちる方が難しいくらい、誰でも受かる試験です。
そんな試験で取れる資格って、評価されると思いますか?
実際、面接に行ってもほとんど評価されることはありません。
医療事務においては資格よりも経験が重視されるので、在宅試験で取れる資格を持っていても未経験では素人同然と見なされます。
もちろん、医療事務の講座によくある就職サポートを受けるのであれば話は別ですが、派遣スタッフとしての扱いとなるため収入はやや少なくなります。

 

働くために医療事務の資格を取るなら在宅試験のものではなく、ちゃんと就職で評価されるものを取るべきです。
特に資格がなくても働ける医療事務ですが、厚生労働省に認可されている公的資格が1つだけあります。
それは、診療報酬請求事務能力認定試験です。

 

診療報酬請求事務能力認定試験は、当然在宅ではなく全国各地の試験会場での受験。
時間は3時間と長丁場に感じるかもしれませんが、受験生の多くが短く感じたと話すほどで、全問正確に解くにはむしろ足りないくらい。
最高峰と言われる難易度であることから合格者は経験者並みのスキルがあると見なされ、医療事務の資格で唯一、面接で評価されると言われています。

 

診療報酬請求事務能力認定試験の合格に向けての勉強法は、独学や専門学校への通学、通信講座があります。
費用とサポート力のバランスを考えると、通信講座がおすすめです。
診療報酬請求事務能力認定試験のおすすめ通信講座についてはこちら