診療報酬請求事務能力認定試験は国家試験ではない?

医療事務なら一番の資格

厚生労働省認可の資格と聞くと国家試験かと思ってしまいがちですが、実際はそうではなくあくまで公的資格。
医療事務の資格の中で国家資格とされているものは一つもなく、ほぼ全てが民間資格です。

 

公的資格と言うのは国家資格に次ぐもので、国から直接認定されているわけではないものの、各省や大臣から認定されるため十分に大きな権威を持っています。
診療報酬請求事務能力認定試験は医療事務の資格で唯一の公的資格。
国家試験ではないとしても医療事務を目指すのであれば一番の目標とすべき資格と言えるでしょう。
詳しくは普通の医療事務試験との違いについてのページをご覧下さい。