医療事務 認定試験

調べた結果は1つだけ

医療事務の資格試験はたくさんあります。
しかし、認定試験と名の付くものは1つしかありません。

 

それは、診療報酬請求事務能力認定試験と言います。

 

唯一の認定試験だけあり、その難しさは医療事務の資格試験の中でも断トツで、合格率はわずか3割ほど。
しかも年に2回、7月と12月にしか試験は行われないので、わずかなチャンスをものにしなければなりません。

 

この難しさとチャンスの少なさから、合格者は医療事務と言う職業においての就職や転職では非常に高く評価されます。
一般的に、未経験では資格があっても採用されることが少ないとされていますが、診療報酬請求事務能力認定試験の合格者は未経験であっても経験者と同等レベルのスキルを有すると見なされるため、採用率が高くなります。
また、実務経験を持った合格者であれば、給料のアップなど待遇が良くなることは珍しくありません。

 

このような合格することによる明確なメリットを受けられるのは、数ある医療事務の資格試験の中でもこの診療報酬請求事務能力認定試験のみ。
受験資格は特にないので、年齢や経験を問わず挑戦できます。
難しい試験とは言え、全くの初心者からでも合格を目指すことはできるので、医療事務として働きたいと思っているなら挑戦してみて下さい。

 

勉強方法はいくつかありますが、通学よりも費用が安く、各種サポートも受けられる通信講座がおすすめです。
初心者向け、経験者向けのコース有り。
より詳しく診療報酬請求事務能力認定試験の通信講座情報を見てみる