病院 働きたい 資格

病院で働く夢を叶える方法の1つとは

病院で働きたいけど、特殊な資格がないといけないなど、難しそうなイメージを持っている人は少なくありません。

 

確かに病院で働いている人で最初に思い浮かぶのはお医者さんで、国家資格である医師免許を取得しなければなることができません。
他にも看護師や理学療法士など、国家資格を必要とする職業は多いです。

 

ですが、病院で働くには必ずしも国家資格を取らなければいけないわけではありません。
資格がなくても働ける職業もあり、一番身近なのは医療事務でしょう。

 

医療事務は、主に診察代の計算などをする人のこと。
資格がなくてもスキルと経験があればなることができます。

 

ただし、今は未経験で無資格の人が採用されることはまずありません。
医療事務として働くなら、資格を取ることから始めるべきです。

 

医療事務の資格は病院で働く人(医療従事者)の資格の中では取りやすい部類。
簡単なものなら1ヶ月程度の勉強で取れますし、最高難度と言われるものでも1年未満で合格可能です。

 

最高難度のものは、診療報酬請求事務能力認定試験と言われるもの。
この試験に合格していると、仮に未経験であっても採用率がぐっと上がりますし、資格手当として給料が増えることもあります。
他の医療事務の資格を取っていても特にメリットはありませんので、目指すなら診療報酬請求事務能力認定試験の合格です。

 

医療事務の資格が身近な理由の1つが、通信講座でも取得できること。
それは、難しいと言われる診療報酬請求事務能力認定試験でも同じですが、合格実績のある通信講座を選ぶことが大事。
当サイトで紹介している通信講座は試験合格までのサポート力が魅力。
諦めなければ確実に合格できると言っても過言ではありません。
詳細はこちら