診療報酬請求事務能力認定試験 不合格

再挑戦するなら勉強方法の改善を

診療報酬請求事務能力認定試験で不合格になってしまう人の多くが、独学での勉強をしていた人と言うのがわかっています。
このページをご覧のあなたも、独学で挑戦して不合格になってしまったのではないでしょうか。

 

独学ですと、何かわからないことがあった時でも質問できる相手がいないせいで、いちいち勉強が止まり、不安になってしまいがち。
つまり効率的な勉強ができないと言うこと。
ただでさえ難関試験なのに、思うように勉強ができないと言うのはストレスになり、合否を左右する要素でしょう。
年にたった2回しかない試験、次は絶対に受かりたいですよね。

 

再挑戦する意思があるなら、勉強方法の改善を考えるべきです。
オススメしたいのは通信講座。
経験者向けのカリキュラムが用意されている通信講座なら、無駄な教材が届くこともなく、再挑戦の人でも利用しやすいです。
質問に対してもメールか電話ですぐに専門家が答えてくれるので安心。

 

診療報酬請求事務能力認定試験の通信講座についてはこちらのページをチェック

不合格通知はハガキで届く

診療報酬請求事務能力認定試験は、試験終了から2ヶ月前後で結果の通知が届きます。
合格だった場合は合格証と認定証が封書に入って届きますが、不合格だった場合はハガキ1枚のみ。

 

合否自体は日本医療事務協会のサイトの合格発表ページでわかります。
都道府県別に受験番号で掲載されているので、受験した都道府県からチェックできます。

 

合格発表の時期は試験日から約2ヶ月後の金曜日。
具体的な日にちは各回の試験案内ページに明記されています。