診療報酬請求事務能力認定試験は独学で合格できる?

独学で合格するためには勉強方法が大事

勉強方法によるものの、十分可能。

 

診療報酬請求事務能力認定試験は合格率平均30%と、医療事務の資格としては最難関。
だからこそ独学で挑戦し、自分の力を試してみたいと考える人も少なくありません。

 

診療報酬請求事務能力認定試験に独学で挑む場合の勉強方法は大きく分けて2つでしょう。
1つは市販のテキストを購入しての勉強。
もう1つは通信講座での勉強です。

 

完全に独学と言う考えでは、テキストを購入するほうがより近いかもしれません。
しかし診療報酬請求事務能力認定試験は想像以上に難しいもので、どうしてもわからないから誰かに質問したい…というところが必ず出てきます。
そんな時に気軽に質問でき、的確な返答をしてもらえる相手がいるのといないのとでは大違い。
ヤフー知恵袋などで質問を投稿しても良いでしょうが、確実に返答がもらえるわけでもない上、返答内容が正しくない可能性もあります。
合格の確率を高めるには、やはり専門家から確実に返答がもらえる環境と言うのは必須であると考えます。

 

その点、通信講座であれば安心。
電話やメールなどで質問でき、対応してくれるのは専門家のためその返答内容を疑う必要がありません。
多くの合格者が受講していたと話す通信講座があるので、要チェックです。
⇒その通信講座の公式サイトはこちら

 

独学で挑むと言う意気込みは素晴らしいですが、結局合格できなければ意味がありません。
わからないことを確実に解消できる環境に身を置きつつも、できるだけ独学でと言うスタンスで臨むのがおすすめです。
どうしても完全独学でと言うのであれば、おすすめのテキストについてのページもご覧下さい。